PR

マイホーム購入者必見!都市計画税の基礎知識

マイホーム購入者必見!都市計画税の基礎知識 家づくりの資金・ローン
家づくりの資金・ローン
記事内に広告が含まれています。

家を建てる夢を実現するためには、不動産購入時にかかる税金の知識も必要ですよね。
その中でも都市計画税は、市街化区域内の土地や建物に対して課される税金です。
今日は、都市計画税に焦点を当て、その計算方法や軽減措置について詳しく解説します。

都市計画税とは?固定資産税との違い

都市計画税は、快適で住みやすい市街地を作るために、市町村や都が徴収する税金です。
この税金は、道路、水道、公園などの公共施設の整備や、市町村の発展を目指す都市計画事業、そして土地区画整理事業の費用に充てられます。

土地区画整理事業は、土地の整備や改善を通じて市街地の開発を進めるものです。

都市計画税は目的税であり、その税収は明確な使い道が定められており、住民が暮らしやすい環境を整えるために使用されます。
税の負担額は、その地域がどのような都市計画を進めているかによって異なり、市町村の自主的な判断によって決定されます。
2021年のデータによると、日本全国の市町村1,719団体のうち、644団体が都市計画税の対象地域となっています。
これは、日本全体の約3分の1にあたる市町村が都市計画税を必要としていることを意味します。
都市計画の区域外、つまり市街化を目指していない地域では、都市計画税は課されません。
一方で、市街化区域であっても、都市計画税が免除される地域が存在します。
例えば、秋田県の秋田市、茨城県のつくばみらい市、千葉県の浦安市、東京都の青梅市、神奈川県の茅ヶ崎市、大阪府の阪南市などが都市計画税がかからない地域です。
また、県庁所在地や特定市でも、都市計画税が免除されている場所があります。

都市計画税は、市町村の将来像を形作る重要な財源であり、住民の生活の質を高めるための基盤を築くために不可欠です。
税金がどのように使われ、どの地域が対象かを理解することは、市民としての知識として重要です。
都市計画税に関するさらなる情報や詳細は、各市町村のウェブサイトや窓口で確認することができます。

都市計画税は、市街化区域内の土地や家屋の所有者に対して課される税金で、毎年1月1日時点での所有状況に基づいて決定されます。
この税金は、市街化が進んでいる、または今後10年以内に市街化が予定されている区域に限定されており、全国の都市計画区域における土地所有者約2,220万人、家屋所有者約2,768万人が対象となっています。

都市計画税の目的は、市町村が行う街づくり計画や土地の区画整理事業の財源を確保することにあります。
税額は、それぞれの市町村が独自に設定し、徴収します。
ただし、東京都23区においては、東京都が税額を決定し、課税を行います。

1月2日以降に不動産を取得した場合、その年の都市計画税の対象外となるため、新たな所有者は税金を支払う必要がありません。
このように、都市計画税は土地や家屋の所有者にとって重要な財政負担であり、市街化区域の発展に寄与するための重要な資金源となっています。
都市計画税に関する詳細は、各市町村の条例や規定を参照することで確認できます。

固定資産税との違いは何か?

都市計画税と固定資産税は、日本の税制において重要な役割を果たしていますが、これら二つの税金には明確な違いがあります。
主な違いは、土地や家屋が市街化区域内に位置しているかどうかに基づいています。

固定資産税は全ての固定資産所有者に課される税金であり、一方で都市計画税は市街化区域内の土地や家屋に対してのみ課される税金です。

固定資産税の評価額は、総務省が定める固定資産評価基準に従って算出されます。
土地の場合は公示地価の約70%、建物の場合は建築費用の約50〜70%が評価基準とされています。

この評価額は3年ごとに見直され、最新の見直しは2021年に行われました。

固定資産の評価額は、納税通知書、固定資産課税台帳の閲覧、または固定資産税評価証明書の取得によって確認することができます。
納税通知書は毎年市町村から送付され、固定資産課税台帳は市役所で閲覧可能です。
固定資産税評価証明書は市役所で取得できますが、申請には本人確認書類と手数料が必要です。

このように、都市計画税と固定資産税は、それぞれの目的と適用範囲に応じて異なる税金であり、所有者はそれぞれの税金の適用条件を理解し、適切に納税する必要があります。
税金の評価額や納税方法については、市町村の指示に従い、必要な手続きを行うことが大切です。

都市計画税の計算方法

都市計画税は、固定資産税評価額に基づいて計算される税金で、税率は最大0.3%です。
この税率は各市町村によって異なり、安定した税収を持つ自治体ではより低い税率が設定されることがあります。

特に住宅用地に関しては、土地の広さに応じた減税措置があります。
200㎡以下の土地では税額が1/3に、200㎡を超える部分では2/3に減額されます。

具体的な計算例を見てみましょう。
土地の固定資産税評価額が1,200万円、家屋が1,500万円、税率が0.3%の場合、土地にかかる都市計画税は12,000円、家屋にかかる税は45,000円となり、合計で57,000円の税金が発生します。

都市計画税が適用されるかどうかは、地元の不動産会社に確認することで知ることができます。
この税金は地域のインフラ整備や公共施設の維持に役立てられるため、市民の生活環境向上に寄与しています。
都市計画税について正しく理解し、適切に計算することは、市民としての責任であり、また自治体の持続可能な発展にも繋がります。

都市計画税の軽減措置

都市計画税は、特定の条件下で軽減される可能性があります。
主に、住宅用の土地や免税点に達していない場合に軽減措置が適用されます。
住宅用地の特例として、土地の広さが200㎡以下であれば税額が1/3に、200㎡を超える部分については2/3に減額されます。

また、併用住宅では、少なくとも1/4が居住用である必要があります。

固定資産税と同様に、都市計画税にも免税点が設定されており、土地が30万円未満、家屋が20万円未満の場合は税がかかりません。
しかし、複数の土地や家屋を持っている場合は、課税標準額が合計されるため、全体の価値が免税点を超えると税が課されます。
例えば、課税標準額が15万円と20万円の2つの土地を持っている場合、それぞれ単独では非課税ですが、合計すると35万円となり課税対象になります。

このように、都市計画税の軽減措置は、土地や家屋の用途や価値に応じて変わります。
税制の詳細を理解し、適切な計画を立てることが重要です。

まとめ

都市計画税は、マイホーム購入時に知っておくべき重要な税金の一つです。
計算方法を理解し、軽減措置を活用することで、賢く家づくりを進めましょう。
家を建てることは、ただ楽しいだけではなく、多くの責任と知識が求められる旅です。
これからも有益な情報を提供していきます。
家づくりの参考にしていただければ幸いです。

広告枠
この記事を書いた人
ずかこ

「my home master」を運営しているずかこです。
叔母夫婦が設計士で姉が宅建士を持っており、私自身は約10年、不動産に関わる仕事をしてきました。
今住んでいる家は、叔母に図面を描いてもらい、知り合いの業者さんに基礎をお願いして、出来るだけ自分たちで作りました。

このサイトでは、私が学んだことや感じたことを皆さんと共有したいと思っています。
家づくりは楽しいだけでなく、大変なこともあります。
失敗しないためには、どんなことに注意すべきか、どんなプランがおすすめか、どんな工務店や設計事務所と契約すべきかなど、知っておくべきことがたくさんあります。
私はそのようなことを分かりやすく説明していきたいと思っています。
私のサイトが皆さんの家づくりの参考になれば嬉しいです。
よろしくお願いします。

ずかこをフォローする
ずかこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました